寝たきりで入浴できない

蒸しタオルやウォーターレスシャンプーを使う

寝たきりのワンちゃんは、体への負担を考慮して入浴を控えましょう。無理に入浴させなくても、蒸しタオルで拭いたり、ウォーターレスシャンプーを使ったりして体をきれいにしてあげられます。

ウォーターレスシャンプーは、肌への刺激が少ないものを選んでください。たくさん付けすぎると、皮膚が濡れてワンちゃんの体温が奪われてしまいますので、適度な量でシャンプーしましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

入浴時に立っていられない

たらいや犬用バスタブを使って部分浴させる

足腰の衰えが進み、飼い主さんが後ろから腰を支えても立っているのが難しくなったら、老犬に負担がかかる全身浴よりも、部分浴をメインにしましょう。

排泄物でワンちゃんの体が汚れてしまった時などは、たらいや犬用バスタブに、下半身が浸かるくらいの高さまでぬるま湯を入れて座らせ、汚れた箇所だけを素早く手際よく洗ってあげると体への負担が少なくて済みます。

この投稿の続きを読む »

タグ

入浴時に足がふらつく

浴室の床にバスタオルを敷く

浴室の床は滑りやすく、足腰が衰えたワンちゃんにとって危険です。転んで関節を痛めてしまわないように、入浴させる時は浴室の床にバスタオルを敷きましょう。

お勧めなのは、ワンちゃんを洗う人と、後ろから腰を支える人、二人がかりで入浴させる方法です。一人が後ろからしっかりと腰を支えてあげると、ワンちゃんは安心して入浴できます。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ