床ずれになってしまった

柔らかい寝床を用意する&寝返りを打たせる

床ずれは、長時間同じ姿勢で寝返りを打たずに寝ている間に、寝床と接している体の部分の皮膚が圧迫されて、血流が悪くなることで起こります。

自力で起き上がれない、寝たきりなど、寝返りを打つことが困難、もしくはできなくなったワンちゃんに起こりやすく、肘や膝の外側、腰などにその症状が現れるようになります。

進行度1 : 毛が折れたり、薄くなったりする

進行度2 : 皮膚が赤くただれてくる

進行度3 : 水ぶくれができて、皮膚が白っぽくなる

進行度4 : 水ぶくれが破れ、膿と血液成分の混じった浸出液が出る

床ずれ対策は、症状が出る前に行うことが大切です。症状が進行してしまった場合は獣医さんに相談しましょう。獣医さんからは、ドーナツ枕やラップを使ったケア方法の指導、塗り薬の処方、レーザー治療などをしてもらえます。

発症前、もしくは、症状が軽いワンちゃんの床ずれ対策

床ずれ対策の一つ目は、皮膚の圧迫を軽減させるために柔らかい寝床の上で寝かせてあげることです。柔らかいクッションを寝床したり、毛布を重ねてフカフカの寝床を作ったり、床ずれ予防ベッドなどを利用したりしてもよいですね。

柔らかいクッションの上で寝るナナ

床ずれ対策の二つ目は、いつも同じ側を下にして寝ているワンちゃんを時々抱きかかえて、寝返りを打たせてあげることです。特に、寝たきりのワンちゃんの場合は必ず忘れずに寝返りを打たせてあげてください。

毛布を重ねた寝床の上で寝るナナ

スポンサード リンク

タグ

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ