窮屈な体勢で寝ています

徐々に食欲が戻り、体調も回復してきたナナ。

今日は快晴で少しだけ暖かったので、30分ほどお庭で日光浴をさせました。

お庭で日向ぼっこをするナナ

お庭で日向ぼっこをするナナ

少し腰が折れ曲がっていますよね。

とても窮屈な体勢で寝てます。獣医さんによると、高齢になって平衡感覚が少し狂ってしまったナナにとっては普通の体勢なんだそうです。

とはいえ、四六時中こんなふうに寝ているわけではありませんが、初めて見た時は腰の骨が曲がってしまったのではないかと心配しました。

さて、もうあと2週間で16歳の誕生日を迎えるナナちゃん。

これからも頑張って、ずっと長生きしようね。

スポンサード リンク

タグ

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. ミッチー より:

    はじめまして。
    いつも読ませていただいています。

    ナナちゃんの食欲が徐々に戻り、体力が回復して本当によかったです(^^)

    実は我が家にも18歳になったじじ様わんこと暮らしています。
    ここ2日ばかりじじ様もナナちゃんと同じように腰を曲げて眠るようになってきました。
    苦しくないのかな?と心配してみていましたが、平衡感覚が狂っているからなんですね。少し安心しました。勉強になります(^^)

    我が家のじじ様も立派な痴呆犬となりました。分からないことだらけですが、私も頑張ってお世話していきたいと思います。
    これからもいろいろ参考にさせてくださいね。

    • midori より:

      コメントありがとうございます。

      ナナもしろちゃんと同じで左旋回ですね。
      獣医さんからは、ある程度の年齢になると腰を曲げて
      寝るようになるのは仕方のないことだと言われました。

      それにしても、しろちゃんは18歳でしっかりと歩けるなんて、
      本当に偉いですね!!とても感心しました。

      私もわからないことだらけですが、
      お互いに頑張って介護しましょうね。(^^)

  2. うめや珈琲 より:

    ぬくぬく日向ぼっこさせてもらって良かったね♪
    無理しないでね。
    のんびりね、ナナちゃん。
    U^ェ^U

    • midori より:

      コメントありがとうございます。

      ナナは認知症が進んでからは室内で過ごしていますが、
      ずっと番犬としてお庭で過ごしていたこともあって、
      外が好きみたいです。

      昔はオテンバで、鉄砲玉のように走っていましたよ。(゚∀゚)


コメントをどうぞ

このページの先頭へ