散歩中に足がふらつく

転倒防止のために胴体を支えるハーネスを使う

高齢になって足腰が衰えてくると、若い頃のようにスムーズに足を運ぶことができなくなってしまい、散歩中にふらつくようになります。

ワンちゃんがふらついて転倒しそうな時は、飼い主さんが素早く体を支えてあげなくてはいけませんが、首輪のリードではとっさの時に素早く体を支えてあげることが難しく、またワンちゃんの首にも負担がかかります。そんな時、胴体を支えるハーネスであれば体全体を効果的に支えてあげられます。

これまで一度もハーネスを付けたことがないワンちゃんであれば、最初は嫌がるかもしれません。ナナも最初は嫌がりましたので、ある程度慣れさせてから散歩に連れて行ったほうがよいと思います。

ハーネスはあくまでもワンちゃんの歩行補助であって、あまり頼り過ぎるのもよくありません。ふらついて転倒しそうな時だけさっと体を支えてあげて、あとはできるだけ自力で歩かせましょう。

スポンサード リンク

タグ

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ