番犬ナナ、お庭で動けなくなり助けを求める

今日もナナはお庭のパトロール。高齢になっても番犬としてのお勤めを果たそうと、一生懸命頑張っています。

しかし、認知症による歩行障害で後退することができず、このように動けなくなってしまうことも…。

後退できず動けなくなるナナ

後退できず動けなくなるナナ

動けなくなると、私に助けを求めて声を出します。

今日は何度も助けに行かなくてはいけませんでした。

認知症が予想以上に早く進行してしまっているようで、ちょっと心配ですね。

今日のようなことが一日に何度も起こるようでしたら、そろそろ歩く範囲を限定させる必要があるかなと考え中です。

スポンサード リンク

タグ

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. marina より:

    こんにちは。
    うちも 21歳のMIX老犬ががんばってます。
    手足が以前ほど自由に動かせないだけで ボケてるわけではないのでは?
    同じところをグルグルまわるのは ボケってるかも?って思うけど・・・
    軽く マッサージしてあげれば 動きも楽なようですよ。
    ずっと 行きたいところに行きたいと思う気力が大事ですよね。
    幸せな日々がつづきますように。
    (^0^)

    • midori より:

      コメントありがとうございます。
      そうですよね。ボケているとは限らないですね。
      今以上にマッサージしてあげることにします。
      それにしても、21歳のワンちゃんなんて…。(・∀・)
      marinaさんのワンちゃんと比べればまだまだ若造ですね。
      最近急な衰えに弱気になってしまっていたところでしたが、
      コメントをいただけて前向きになれました。
      今後ともよろしくお願いします☆彡


コメントをどうぞ

このページの先頭へ