サイト概要

『老犬ナナの介護日記』にお越しいただきましてありがとうございます。当サイト運営者のみどりと申します。

我が家の老犬、ナナのプロフィールです。

犬種 柴犬
性別 女の子
生年月日 1996年12月27日生まれ
年齢 2013年2月14日に16歳と1ヶ月で亡くなりました。
生活環境 元番犬(室外犬)ですが、認知症がひどくなってからは室内で過ごしていました。
症状 認知症を患っていました。

若い頃のナナ

若い頃のナナ

ナナは16歳と1ヶ月で天国に旅立ちました。

最後の一年間、ナナは足腰の衰えや認知症が進行するにつれて、しだいに私達家族の介護なしでは過ごすことができなくなっていきました。

介護の方法について困った時は、信頼できる獣医さんや老犬ホームで働く友人に相談していましたが、犬を飼うのはナナが初めての私にとって、老犬の介護は全てが初体験で戸惑いの連続でした。

老犬の介護方法について書かれた本はたくさんあります。しかし、その多くが室内犬用に書かれていたり、私達のような共働き夫婦では到底できないような、常に犬の傍にいてあげられることを前提として書かれていたりと、満足できる本に出会うことはありませんでした。

そこで、当サイトでは、これまで私が経験してきた老犬の介護についての悩みとその対処法を『老犬介護のお悩み一覧』として簡潔にまとめることにしました。専門家でない私がまとめた内容で大変恐縮ですが、少しでも老犬を飼われている方々のお役に立つことができれば幸いです。

若い頃のナナ


このページの先頭へ